シーリング防水工事

弊社では、ビルやマンション・アパートなどの新築・改修工事にともなうシーリング防水工事を請け負っております。「シーリング」とは、外壁材やサッシの隙間を埋める際に使用するゴム状の目地材です。あらゆる隙間を埋めて高い防水力・気密性を実現するため、現在の建築においてシーリング工事は欠かすことのできない工事の一つです。

目地材の耐久性は5年程度で失われるとされています。劣化したままの状態で放置していると、建物内部の構造部分が腐食し、耐震性を損なう危険性がありますので、「窓の隙間から水が浸入してくる」「老朽化して外壁に隙間ができている」といった症状があれば、すぐに弊社までご連絡ください。お客さまがいつまでも安心して暮らせるよう、万全の対策を講じます。 またアフターフォローとして、万が一施工に不備が見つかった場合は再度お伺いし、無料で補修を行ないます。

弊社の強み

有限会社サカエシールでは、創業以来数多くのビルやマンション・アパートなどのシーリング防水工事を行なってまいりました。業歴25年の弊社代表を含め、経験豊富なスタッフがこれまでに培った経験と実績をもとに、お客さまの立場で施工をいたします。シーリング一級技能士という国家資格を保有するスタッフが数多く在籍しており、技術においても高い品質を保っていると自負しております。

東京都練馬区に事務所を構え、活動エリアを東京都近郊までと限定して活動することで、地域密着企業ならではの迅速な対応が可能です。今までさまざまなお客さまに出会い、地域のみなさまとともに成長してきました。長年築き続けてきたお客さまとの信頼関係と実績を宝とし、「有限会社サカエシールだからできること」を常に考え、みなさまの笑顔に出会えることを楽しみにしながら、日々仕事に励んでおります。

施工の流れ

STEP-1

シーリング材の撤去

既存のシーリング材を全て撤去。
サイディングに接着しているシーリング材を取り除きます。

STEP-2

プライマー塗布

シーリング材の密着力を高めるために使用します。

STEP-3

シーリング材の充填

コーキングガンを使用してシーリング材を充填します。
厚さが均等になるように慎重に施工します。

STEP-4

ヘラ押さえ

シーリングに空気が含まないようにするために、ヘラを使い圧着を行ないます。
サイディングに接着するように平らにならします。

STEP-5

施工後

シーリング材が乾く前に、養生テープを剥がします。

採用情報 施工実績